NIRO – チラシのデザイン依頼専門

チラシのデザイン依頼専門サイト

チラシのデザインというのは、商品の販売促進効果を高める重要な役割を持っています。
実際にチラシのデザインが良いかどうかによって、顧客の注目を集められるかが決まってきます。
もちろん、商品自体の価値がないと売れないのは事実ですが、まずは興味を持ってもらうことがとても重要だと言えるでしょう。

▼ 目次

チラシデザインを目を引くものにするには

しかし、実際にチラシのデザインに関しては「どうすれば一番効果を発揮できるのか」という点がわかっていない方も多いです。
これらに関しては正解はないのですが、やはり効果的なデザインというのがあるのも事実です。
そこで、ここではそのようなチラシのデザインが目を惹くのかについて解説します。
また、そこから業者への依頼なども含めて、必要となってくることを紹介していきます。
チラシのデザインに困っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

まず、チラシで重要となってくるのが、いかに商品に注目してもらうかということです。
そこで効果的になってくるのが商品の値段や価格、金額です。
これが大きな注目を集めることは間違いありません。
例えば同じような商品でも「大特価1,980円!」と書かれているチラシと「3,980円」と普通に書かれているチラシではどうでしょうか。
前者の方が注目を集めるのはもちろん、当然ですが後者は値段自体が高いので注目を集めることはできません。
単純に価格や金額というのは人の心理を刺激するものなので、チラシでも大々的に書かれていることが多いです。
広告の効果を持つチラシの場合も同様で、実際に書かれている金額から目を通すという方も多いです。
当然ですが価格が良ければ、そのまま購買意欲も高くなり、購入に繋がっていくでしょう。
値段が高くてもしっかり明記しておくことで消費者に安心感を与え、顧客獲得にも繋がっていきます。

また、チラシで重要となってくるのが写真や画像です。
商品の写真や画像を掲載する場合は、いかに魅力的に撮影されたものなのかどうかで効果も大きく変わってくるのです。
例えば、色鮮やかな写真を使っている商品と白黒の画像を使っている商品だとどうでしょうか。
後者だとモノトーンということもあってやはり感情は揺さぶられませんし、前者だとカラフルということもあって購買欲も刺激されます。
「たかが写真や画像だろ」と思うかもしれません。
しかし、これらは実際にチラシでは重要な役割を果たします。

実際にチラシ全体のデザインにも大きく関わってくるので、しっかりと写真や画像は使った方が良いです。
そもそも、チラシは言葉だけで説明するのはとても難しい面があります。
なぜなら、パッと目に入らないと興味すら持たないことが多いからです。
それならば、しっかりと写真や画像を活用して、顧客や消費者の目に留まることが重要となるでしょう。

また、商品を紹介する配置なども重要です。
チラシは一面を活用することが多く、それぞれの商品をジャンルごとに並べて掲載していくのが一般的です。
しかし、単純に商品を並べているだけでは、チラシの効果も半減してしまうと言えるでしょう。
人々が一番興味を持つところはどこなのかを理解し、その上でデザインを決めていくことが必要となります。

さらにキャッチコピーもチラシのデザインでは重要となります。
ただ商品を紹介しているだけではなく、「次世代技術を搭載!」「最新技術で洗練された機能!」「産地直送!」「店長のおすすめ!」などなど、色々な言葉があります。
これらを活用することで、よりチラシのデザインは良くなり、興味を惹かれることも多くなっていきます。

まずはそれらの点も加味してデザインを作ってみてはいかがでしょうか。
基本的にチラシに正解というのはありませんが、デザインを工夫すれば販売促進効果も全然違ってきます。
場合によってはチラシの効果だけで業績も格段に変わってくることがあるのです。
正直、商品の質を高めることも重要ですが、どうやって販売促進をしていくかを考えることも重要と言えるでしょう。

チラシ デザイン 依頼 はこちら

 

チラシを作るのが難しい時は業者に依頼しても

ただ、いきなり自分だけでチラシを作るというのは難しいです。
その場合は、業者に依頼することをおすすめします。
チラシデザインに対応してくれる業者もあり、そこでは効果的なデザインのチラシを作ることができます。
専門業者なので販売促進効果についても知っていますし、かなり効果の高いチラシを作っていくこともできます。
まずは、それらの業者も視野に入れて相談してみてください。
もしかすると、それだけでも業績が大きく変わってくる可能性があります。

どれだけ良い商品を作っても、どれだけ良い商品を売っていても、人に知られない限りは意味がありません。
そのため、チラシは最初に消費者や顧客と繋がるものだと思っておくことが重要です。
そこをしっかり考えていくだけで、販売促進効果は大きく違ってくるでしょう。
専門業者はノウハウもしっかり熟知しているので、チラシデザインで迷った場合は業者に依頼することも考えてみてください。